第11回一般通訳検定(中級)実施のご案内

第11回一般通訳検定(中級)実施のご案内

第11回一般通訳検定中級試験を2022年11月26日(土)に実施いたします。

2022年 第11回 一般通訳検定(中級)受験要項

実施級位

​一般通訳検定 (中級:4級~6級)

受験対象言語

​日本語⇄英語、日本語⇄中国語(北京語)、日本語⇄韓国語、日本語⇄スペイン語、
日本語⇄ポルトガル語、日本語⇄ロシア語、日本語⇄ベトナム語

各級の判定基準

中級:通訳者を目指す方を対象として、4級から6級までのレベルを判定します。

  • 4級:​業務例:行政窓口での手続き説明、展示会等での簡単な商談の通訳等ができる。
  • 5級:​業務例:各種イベントサポート業務(接遇・誘導・施設案内等)、地域交流や情報提供等ができる。
  • 6級:業務例:交通案内、遺失物問い合わせやメニューの説明等ができる。

試験実施日

2022年11月26日(土) 試験時間:60 分  ①10:00~ ②11:30~
※①②のいずれかの時間帯で受験となりますが受験者数によって多少前後する可能性があることをご了承ください。お申し込み完了後に確定時間を個別にご連絡いたします。
※新型コロナウイルスの感染状況により、試験日を変更する場合がございます。

試験会場

東京都新宿区内

(詳細は受験者に別途ご案内致します)

受験料

5,000円/各言語

申込み期間

2022年10月4日(火)~2022年11月18日(金)

当評議会の基本方針についてご確認の上、以下申込みフォームからお申込みください。

締め切りました

•お申込み後、事務局より確認のメールをお送りいたします。万が一届かない場合には、必ずお問い合わせください。
•迷惑メール対策のため、ドメイン指定受信の設定をされている方は、「@interpreter-qc.org」からのメールを受信できるよう設定してください。
•​ご入金の確認をもって、申込み受付完了となります。締切日まで受験料のお振込がない場合、お申込みは無効となりますのでご留意ください

結果発表

試験日から約1ヶ月後にEメールにて通知

合格者の付与する称号と合格証の交付について

合格者には本年度からオープンバッジ(デジタル証明書)を発行します。有効期間は1年です。
合格者には各種特典のあるライセンス登録をお勧めします。
下記「合格者への特典について」をご参照ください。

資格(級)の有効期限

1年(更新時は書類審査を行います。)

試験内容

筆記試験・実技試験共にCBT試験(コンピューターを用いた試験)となります

<筆記試験>30分 全50問

●基本知識(語彙選択式)20問
通訳に関する基本知識・在留訪日外国人の現状と動向・在留資格基本知識
行政窓口取扱業務・日本の社会保障・教育制度基礎知識

●異文化理解とコミュニケーション(語彙穴埋式)15問
コミュニケーション上考慮すべき事、および文化・社会の違いを以下の観点から出題
宗教/家族・婚姻制度/食文化/儀礼関連/ビジネスマナー

●通訳倫理(語彙選択と正誤問題)15問

<実技試験>30分 全3問

●現場想定型対話逐次通訳試験
パソコンで、対話形式の録音された音声を聞いて、逐次通訳をしてをポーズに解答として吹き込む形式です。

※筆記・実技ともに受験言語・級にかかわらず同じ問題となっており、それぞれの級位の合格レベルに達した場合その級位の合格の認定となり、合格者には合格級位の合格証を授与します。

合否判定基準

筆記試験:100点満点 実技試験:各設問100点満点×3問

 6級:筆記試験50点以上 実技試験:少なくとも1問が80点以上

 5級:筆記試験65点以上 実技試験:3問中2問がそれぞれ80点以上

 4級:筆記試験80点以上 実技試験:3問とも80点以上

参考図書

  • 「コミュニティ通訳」水野真木子・内藤稔 みすず書房(2015年)
  • 「外国人相談の基礎知識」杉澤経子・関聡介・阿部裕 松柏社(2015年)
  • その他「多文化共生」に関する過去5年以内に出版された書籍
  • 厚生労働省・法務省による一般公表されている最新統計資料

 

合格者への特典について

中級合格者はライセンス登録をすることで以下の特典を得ることができます。

登録料(税込) 特典
6,600円/1年間 1)通訳賠償責任保険
2)社団主催セミナー受講料無料
3)社団主催研修受講料10%割引
4)一般通訳検定試験受験料割引10%

 

説明会の開催について

日時:終了しました 2022年10月29日(土)
会場:オンライン(zoom)
参加費:無料

一般通訳検定カテゴリの最新記事