通訳

1/12ページ

第16回一般通訳検定(中級)実施のご案内

第16回一般通訳検定中級試験を2024年7月6日(土)に実施いたします。 2024年 第16回 一般通訳検定(中級)受験要項 実施級位 ​一般通訳検定 (中級:4級~6級) 受験対象言語 ​日本語⇄英語、日本語⇄中国語(北京語)、日本語⇄韓国語、日本語⇄スペイン語、 日本語⇄ポルトガル語、日本語⇄ロシア語、日本語⇄ベトナム語 各級の判定基準 中級:通訳者を目指す方を対象として、4級から6級までのレ […]

【終了いたしました】第15回一般通訳検定(中級)実施のご案内

第15回一般通訳検定中級試験を2024年3月30日(土)に実施いたします。 2024年 第15回 一般通訳検定(中級)受験要項 実施級位 ​一般通訳検定 (中級:4級~6級) 受験対象言語 ​日本語⇄英語、日本語⇄中国語(北京語)、日本語⇄韓国語、日本語⇄スペイン語、 日本語⇄ポルトガル語、日本語⇄ロシア語、日本語⇄ベトナム語 各級の判定基準 中級:通訳者を目指す方を対象として、4級から6級までの […]

【ご案内】第4回医療通訳セミナー開催のお知らせ

【ご案内】第4回医療通訳セミナー開催のお知らせ 平素より当評議会の活動にご理解いただき、大変お世話になっております。 新型コロナウイルスの影響もようやく落ち着き、今年になってからは訪日外国人数もコロナ前の2019年を上回る増加基調となりました。医療現場におかれては在留外国人の方のみならず、増加する訪日観光客の対応含め、コミュニケーションのサポートをして下さっている皆様のご苦労は引き続き大変なものだ […]

【終了いたしました】第14回一般通訳検定(中級)実施のご案内

第14回一般通訳検定中級試験を2023年12月16日(土)に実施いたします。 2023年 第14回 一般通訳検定(中級)受験要項 実施級位 ​一般通訳検定 (中級:4級~6級) 受験対象言語 ​日本語⇄英語、日本語⇄中国語(北京語)、日本語⇄韓国語、日本語⇄スペイン語、 日本語⇄ポルトガル語、日本語⇄ロシア語、日本語⇄ベトナム語 各級の判定基準 中級:通訳者を目指す方を対象として、4級から6級まで […]

【ご案内】グローバルヘルス合同大会2023

【ご案内】グローバルヘルス合同大会2023 この度、当評議会は、グローバルヘルス合同大会2023で共催シンポジウムを開催いたします。 本シンポジウムでは、言語別の視点から、指導の現状と課題や希少言語への適用可能性、医療渡航患者への対応通訳の要件など、様々な視点から討議いただく予定です。 日時:11月25日(土)13:20-14:20 テーマ:今後の医療通訳教育のあり方 The Future of […]

2023年 夏季休業のお知らせ

2023年 夏季休業のお知らせ 平素は格別なるご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、誠に勝手ながら下記の期間を夏季休業とさせていただきます。 皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。 ・休業期間 2023年8月5日(土)~2023年8月13日(日) なお、2023年8月14日(月)より通常どおり営業いたします。 上記期間中にいただきましたお問合せにつきまして […]

第13回一般通訳検定(中級)実施のご案内

第13回一般通訳検定中級試験を2023年7月30日(日)に実施いたします。 2023年 第13回 一般通訳検定(中級)受験要項 実施級位 ​一般通訳検定 (中級:4級~6級) 受験対象言語 ​日本語⇄英語、日本語⇄中国語(北京語)、日本語⇄韓国語、日本語⇄スペイン語、 日本語⇄ポルトガル語、日本語⇄ロシア語 各級の判定基準 中級:通訳者を目指す方を対象として、4級から6級までのレベルを判定します。 […]

「世界のニュースから」第35号 ~Solo culture~

~このコーナーでは言葉や文化の違いをテーマとして世界で起こっている興味深いニュース 記事をピックアップしていきます。~ Solo culture? 訪日外国人が興味を持つ日本文化についてあれこれと探ってきましたが、日本が一人旅にとても適しているという声がネット上の記事でよく見られます。もっぱら英語が通じにくい国と言われ続けてきたのに(笑)、外国人が一人旅をしやすいとはどういうこと?と思って […]

【ご案内】第1回コミュニティ通訳セミナー

【ご案内】第1回コミュニティ通訳セミナー 1.開催目的 当評議会が一般的なコミュニティ通訳の力を測る一般通訳検定中級試験を2018年にスタートしてから本日までに受験生は600人近くなりました。これもひとえに評議会の活動を支援くださっている皆様のおかげであると心から感謝申し上げます。 この度はコミュニティ通訳に必要な知識の重要性を広く認知いただくことを目的として、この分野の第一人者である水野先生をお […]

1 12